不動産ツアー

不動産投資ツアーのコンセプト(概念) は、『卵を全部おなじ籠に盛らない!』という投資の黄金率です。ツアーに含まれる現地での講習では、いかにして資産を守って、安泰な老後を暮らすか、資金運用のノウハウをご紹介します。

今なぜ海外の不動産に目を向けるべきなのか?国債、現金すら紙切れになる可能性があるこの時代、あなたはどんな形で資産運用していますか? 日本の金融状況と税法の変更に従い、資産の目減りを避けるため、多くの人は資産を海外に移す、キャピタルフライト(資産逃避) (注1)の思考が高まっています。

(注1) 国内から海外へ、少しでも有利な場所に資本が流れていくこと。

 

パースの物件

オーストラリアの西海岸、温暖な地中海性気候、美しいインド洋、豊な自然、のんびりとした時間、世界一美しい街とも言われるパースは、景気が安定している為、世界中でもっとも注目されている都市のひとつです。 景気が安定している秘密は、ふんだんにある地下資源。オーストラリアは、2011年度に貿易黒字が過去最高を記録しました。また、人口増加も毎週1500人以上も増え続けていて、需要と供給のバランスで不動産価格も年々値上がりする傾向にあります。 近年の資源ブームは、パースの住宅事情に大きな影響を与えています。だからこそ、パースでの不動産投資は今がチャンスなのです。

同『不動産投資視察ツアー』ご参加される資産家の不動産購入の目的は、 1)リスク分散のための現物保有 2)キャピタルゲイン(値上がり益)の獲得 3)インカムゲイン(家賃)の獲得のいずれかです。

しかし、一定の投資目的はあるにしても、純粋にそれだけで購入している人は少ない様です。 将来の相続税対策や退職後の海外ロングステイ用の宿泊施設として取得する方もいらっしゃいます。